フランチャイズで余っている土地を有効活用

遺産相続で手に入れた土地があるのですが、大学の近くなのでなかなかの好立地。しかし、逆に生活するには騒音問題なのでちょっと考えてしまう場所です。そのため、マイホームは違う場所に建てました。しかし、土地は使用していなくても所有しているだけで固定資産税が取られてしまいますのでどうしたものかと悩んでいました。そんな時、妻がフランチャイズのビジネスを始めたいと言ってきたのです。複数のプランがあり、最初から土地を持っていればそこに建てる事が出来ますので土地の有効活用が出来ると考えたのです。いきなり妻が一人で自営業を始めたとしても素人ですし、そう簡単には上手くいかないでしょう。しかしフランチャイズであればノウハウを教えて頂く事も出来ますので、おかげさまでなかなかの成績を出しています。土地の有効活用という面で考えても良いのではないでしょうか。

フランチャイズで楽しく働く

まず、フランチャイズのお店と、チェーン店のお店の違いについてです。チェーン店は、大手企業が手がける、チェーン展開されたお店です。一方フランチャイズのお店では、個人企業の経営者が、展開されているメーカーの権利を買い、経営しているお店です。経営自体は、権利を取得した人のものですので、うまくいってもいかなくても、その人次第ということになります。しかし、お店の基本的なルール、例えばメニューや制服、挨拶などは、独自で変えることはしません。来客するお客さんにとっては、チェーン店かフランチャイズ店か分からないし、関心もないからです。大元となる企業の看板を傷つけるようなことをしてはいけません。このようなお店で働く場合は、経営者と良い関係を築くことが、より必要になるでしょう。人事が大きく移動することは少ないので、どうしても人間関係が濃くなってしまうからです。しかし、皆が良いコミュニケーションを心がけるなら、家族的な良い雰囲気になり、働きやすい環境だといえます。

フランチャイズオーナーが増えている

フランチャイズオーナーを目指す人が増えているようです。加盟金や支度金を準備し、フランチャイズ先の企業の審査に通れば開店・開業することが可能です。現在さまざまな業態でこの種の事業形態が採られています。代表的な業態であればたとえばコンビニエンスストアや学習塾が挙げられます。大手企業の看板とノウハウを活用できますので、自分で一から起業するよりも格段にリスクが低いことが特徴です。中にはその業態がまったくの素人である状態から始める人も多いようですが、本部のサポートや整備された体系的なマニュアルを利用することで多くのオーナーが成功しています。元手になる資金は企業によって違いはありますが、わりと小額の準備金からでも始められるフランチャイズ企業もあります。自分のお店を持つことに憧れがある人にとってはチャンスですね。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)