使用用途に合わせて選べる名入れタオル

タオルを使用する場面はたくさんありますよね。部活やコンサートのグッズの一つとしてプリントタオルが使われていたり、挨拶用の粗品としてタオルをもらったことがあるという人もいるはずです。では実際に、名入れタオルを作るにはどのようにすればいいのでしょうか。タオルの素材一つにとってみても1枚あたりの価格は大きく異なります。素材にこだわった日本製で180匁、1色プリントの場合だと1枚当たり194円。海外製の安いタオル生地にすると、180匁、1色プリントの場合だと1枚当たり171円。またそれがパイル生地にプリントする場合では価格も異なってきます。サイズも薄いタオル生地の180匁から200匁になり、日本製と海外製のタオル素材やフルカラーなど予算に合わせて選ぶことができます。気になる予算も自動で見積もりができたり、納品方法も選べるので使用目的に合わせて選びたいものです。


学校行事は名入れタオルで一致団結

学校行事にはいろいろなイベントがあります。学園祭や文化祭、運動会にクラスマッチ、創立記念日のお祝いに卒業式などです。卒業したら今度は同総会などが開かれます。そのたびにクラスでお揃いのTシャツを作成していませんか。みんなで着ることで一致団結の効果を生み出します。しかし、このTシャツはそのイベントが終わったら着なくなります。しっかりした生地なのにもったいないとは思いつつ、捨てることになるのです。もしくはパジャマ用にと取って置き、衣装ケースに溜まっていくこととなります。それであれば、Tシャツよりも名入れタオルにしたほうがいいです。タオルであれば日常的に家で使えるので無駄になることもありません。しかもTシャツよりも安く仕上がります。サイズも気にすることがないので、みんな一律のものを発注できるので楽です。幹事の労力も避け、みんなのお財布にも優しいのが名入れタオルです。


プレゼントに最適・名入れタオル

贈り物、って悩みますよね。そんなとき、名入れタオルはいかがでしょうか。特に、高齢者やお子さんがいる家庭には喜ばれます。ただのタオルの贈り物でしたら、ごくありふれていますね。でも、そこに、送り先のご家庭の名前を入れるだけで、プレゼントの高級感・特別感がぐっとあがります。ご家族全員の名前を入れて送るのも、とても良いと思います。また、子育て世代には、お子さんの名前だけ入れて贈っても、とても良いですね。学校やプールなど、名前が入っているところにタオルを持っていく機会が多いですから。また、高齢者の家庭も、意外と名前入りが喜ばれます。おけいこ事や、温泉に行く時など、紛失の恐れが減りますからね。既製品のタオルに、自分で名前を記入するよりは、あらかじめ入っているものの方が、リッチな感じや、品物を大切に使おうという気持ちがあふれています。名入れタオル、ぜひ試してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*