名入れタオルは販促品などとして利用されています

名入れタオルは会社の販促品などとしても多く使用されています。また、記念品として人にプレゼントするケースもあります。記念品としてプレゼントする場合には、費用はある程度かかっても、刺繍などで名前を入れた製品などが好まれます。会社の販促品として使用する場合には、あまりコストがかかっては意味がありません。そのため、タオルに印刷をするタイプのものが多く利用されています。名入れタオルの料金は、まずどのようなタオルにするかによっても変わります。厚手のものや薄いもの、国産のものや海外生産のものなど、さまざまなタオルがあり、その中から好きなものを選ぶのです。カラーも豊富にありますが、カラーはあまり価格とは関係していません。タオルが決まったら、次は印刷する文字を考えます。字体や字の大きさ、印刷する場所などを決めて、印刷を行います。印刷する文字もカラーにすることが可能です。一度に大量に作った場合、単価が安くなります。


名入れタオルの利用方法

名入れタオルとは、企業の宣伝の為にタオル自体に企業名やロゴを縫っているタオルのことですが、企業が主催するイベントでの配布を始め、電気やガスの事業主から契約している顧客に対しお歳暮・お中元の粗品として、配られることもあります。また、個人的な利用の仕方としては出産祝いや結婚式、学校行事などでのクラスごとの団結の証として作成されることもあります。そういった名入れタオルはインターネットで製作・通販しているサイトが沢山あります。それぞれのサイトで作られているものには素材や色、作れる文字や絵にも様々な種類があり、値段もマチマチですが、基本的に数十枚単位~数百枚単位でまとめて作成依頼が出来ます。また、お祝い用として熨斗袋も付けてくれる為、大量に必要な時には自分で熨斗袋を用意する手間も時間も省け、頻繁に粗品として名入れタオルを購入する企業には大きなメリットになります。


名入れタオルの製作を依頼したい

イベントを予定している時や、会社などのノベルティなどに名入れタオルの製作を依頼したいと考えている方が多くなっています。タオルは生活に欠かすことが出来ない必需品になっているので、受け取った方は大変喜んでくれます。高級感のある厚手のタオルに印刷を行っていますし、依頼するとのし袋を付けてもらうことが出来ます。無地のタオルで、のしに名前を入れることも出来るので、信頼できる専門業者に依頼するようにして下さい。一枚から製作をしてもらえるお店も増えていますし、大ロットだけでなく、小ロットも依頼することが出来ます。会社などのイベント時に顧客に受け取ってもらうと好印象を持ってもらえるので、業績をアップさせることが出来ます。白タオルは大変人気が高いですが、豊富なカラーが揃っているので、好きな商品を選ぶことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*